Live2Dキャラをデスクトップマスコットにする

Facerigで取り込んで使えるようになっているキャラや
Live2Dで作ったキャラを、Live2D Viewerを使ってデスクトップマスコットとして表示できます

Live2D Viewerをインストールしてキャラデータ入れるだけです
kka2.jpg

Live2D Viewer と使い方

使い方に従って髪揺れやアイドリング設定すると
FacerigのキャラがあなたのPC画面で動きます。

リップシンクを使うと音に応じてキャラが口パクしますので
ラジオ、音だけの生放送で使うと、まるでキャラがしゃべっているように見えます

      • ---------------------------------------

生放送での静止画の代わりに使用

・Live2D Viewer をインストール
・Live2D Viewerを起動してキャラのファイルをドラッグ
・髪揺れ用ファイル、アイドリングモーションファイルをドラッグ
・リップシンクを読み込み設定
・表示など設定


・キャラはアイドリングモーションにて自動でゆらゆらと動きます
・マイクや読み上げ音にてキャラが口パクします
・モーションをクリックする事で挨拶、うなずき、否定、怒りなど
 必要な時にいろいろな動きをさせることが出来ます。
・数キャラ同時に使用も出来ます


  • 最終更新:2017-03-29 23:24:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード