3.x版で2.x版モデルを作成

3.x版で2.x版モデルを作成する時の注意点

Live2D Cubism Editor 3.x版 3.3 3.2 3.1 3.0 
Live2D Cubism Editor 2.x版 2.1 2.0

仕様

3.x版には、2.x版形式(moc形式)のモデルデータを書き出す機能があります
3.x版には、2.x版形式(moc形式)のモーションデータ(mtn)を書き出す機能があります

しかし、2.x版形式(moc形式)用の物理演算を作り、書き出す機能はありません
また、2.x版形式の物理演算データを取り込む機能もありません
つまり、物理演算の揺れ動きは全部、作り直しになります

【 参考 】
3.x版で書き出した、2.x版形式(moc形式)のモーションデータ(mtn)は
改行無しのベタ書き出しとなるので、手動修正は専用テキストソフトが必要



3.x版で、2.x版形式(moc形式)を書き出すと、パーツ並びが仕様の都合で反転します
これは正しい動作です。
また、3.x版には2.x版に有った描画順自動割り振りがありません、
そのまま描画順管理せず作成すると、描画順500の並び順頼りとなります。

この2件により、2.x版形式(moc形式)で書き出すとパーツ並びが反転し、
目や口が顔の裏になり、目が表示されない口が表示されないとなります。

予防策として3.x版には、描画順自動割り振りがテンプレート適用の時しかないので
PSD取り込みを2.x版で行い、描画順自動割り振りさせてから3.x版で作業する
いっそ2.1版で全部作業すると手間も注意点もなく楽です

3.x版で描画順修正する時は マルチキー編集 を使うと良いです。



2.x版形式では、パラメータID名の命名則を PARAM_ 系にする必要があります
2.x版形式(moc形式)では、PARAM_ 系で動くように共通して揃っていました

3.x版にはパラメータID名の一括変換があるのですぐに変えられます



3.x版で増えた、2.x版にない機能は使わない
グルー、スキニングは使わない

変形パス、クリッピングは使える

稀にある、2.0版モデルの依頼の場合はクリッピングがダメ




















3.x版と2.x版の仕様違いで起こるトラブル

・moc専用な所に、moc3を入れる

 初めての人がよくやる、スマホ版FaceRigにmoc3を入れて表示されないがよくある


・3.x版には描画順自動割り振りが無い
・3.x版で2.x版(moc)書き出しする時、パーツの並びが、規格の都合で反転する

 この2件により、3.x版では並び順頼りの作成となり、
 2.x版(moc)書き出しで並びが反転してしまい、目が消えた口が表示されないとなる


・3.x版には、2.x版用物理演算作成、書き出し機能がない
・3.x版には、2.x版用物理演算ファイルを取り込む機能がない

 3.x版で作っても作り直しとなる、作成項目が異なり数値の変換方法は不明


・3.x版ではパラメータID名が2種あり、初期値はParam系

 初期値のParam系でそのまま作成し、2.x版(moc)で動かないと言うのが多い
 スマホ版FaceRigでモデル表示されるが動かない場合はこれが原因


moc3の問題点
・モーションの仕様違い
  モーションが動いている間、割り込みが出来ない
  mocは可能なので時間経過で切り替え表示する衣装切り替えなどに使える

・表示の仕様違い
  初期出現位置がユーザー設定になっているので製作者が意図した使い方が出来ない
  手だけモデルなど、2つのキャラを合わせた使い方が出来ない
  羽だけモデル、尻尾だけモデル

・バグが多い問題
  そのうち改善するはず今は辛抱













  • 最終更新:2019-03-24 15:31:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード