用語説明

Live2D用語

Live2D Cubism Editor
 Live2Dモデルを作るソフト
 画像加工機能無しなので別途PSD作成ソフトが必要
 月2000円、年契約で月1000円ぐらい、機能制限がある無料版あり
 全機能無料で使えるお試し期間あり、期間後も無料版が使える

Live2D Animator
 Live2Dモデルに動きを付ける物

Live2D Viewer
 Live2Dモデルを表示させて試す物
 パソコン画面マスコットに使える 

Live2D Cubism SDK
 他のソフトにLive2Dを組み込んで使えるようにする物、専門家用
 バージョンごとにある  SDK2.0 SDK2.1 SDK3.0 SDK3.3



Live2Dソフト内用語

パラメータ
 動かす所、動かしたい所として作るのがパラメータ、Live2Dでは最初から一通りある

パラメーターバー
 動きを指示するバー、これを動かすとLive2Dモデルの担当部分が動く

デフォーマ
 元の絵を変形させる網のようなもの
 
回転デフォーマ
 回転と位置、大きさ変更に使うもの
 親子構成では子へ変形を伝えない、子へは位置の変化のみ伝わる

曲面デフォーマ
 変形と位置、大きさ変更に使うもの
 回転も出来るが変になるので傾け程度が良い
 
.mocファイル
 Live2Dモデル 2.1版形式のデータファイル
 
.moc3ファイル
 Live2Dモデル 3.0版から3.3版でのデータファイル
 2.1版形式とは互換性がまったくない、バージョン間でもない

mocファイル書き出し、moc3ファイル書き出し
 Live2Dソフトから他で使える形式(FaceRigなど)に書き出す事

.cmox
 Live2Dモデル 2.0版 2.1版での作成作業データファイル

.cmo3
 Live2Dモデル 3.0版から3.3版での作成作業データファイル
 
モデル設定ファイル .model.json model3.json
 ファイルの場所、どのファイルを使うかの指示が書かれている物、テキストで書かれている


 

自動バックアップ
 Live2Dは良く落ちたので役立った



用語

モデル
 Live2Dのキャラモデルの事

ポリゴン(三角形)
 3個の点

モーション
 動き

テクスチャ、 テクスチャアトラス
 バラバラの部品絵を並べた、透過PNG画像

描画オブジェクト
 

解像度

psd 画像
 フォトショップ形式の画像ファイル

PSDインポート
 フォトショップ形式の画像ファイルをLive2Dに入れる事 

不透明度
 透けて見える具合

GIF PNG 書き出し

png jpg画像

インポート

画像エクスポート

レイヤー

クリッピング機能
クリッピングID

テンプレート
テンプレートの適用

パラメータを子要素に反映

物理演算
 ゆらゆら揺れる機能

パーツ

パス・変形パス

乗算、加算エフェクト

idle

標準パラメータリスト

フェード






デスクトップマスコット

WebGL

android

QuickTime







他のソフト
Photoshop

Facerig + Live2D Module

Adobe After Effects CC (アドビアフターエフェクツ) - ビデオ加工ソフト

ティラノビルダー ティラノスクリプト

unity ユニティー

Java





  • 最終更新:2019-01-20 14:56:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード