感情表現モデルの作り方

Facerigでの表情トレースでは、眉の動き、目の開閉でしか感情表現が出来ず、
アニメキャラの様な感情表現はあまり出来ません。

一方、Live2Dの基本タイプモデルは簡易な感情表現ができるので、
Facerigで使えるように改造すると感情表現が出来て良さそうです。

ここでは基本タイプを元に簡易な感情表現が出来る、Facerigモデル(3F型)を作ります。


感情表現タイプの作成

Facerigでのマウス操作で、口や眉、目の角度などを変えて感情を操作出来るように
パラメータを調整、移動して改造します。

準備

口部分が図のような6点又は9点で作成してあるモデルのデータ
ha695.jpg
(口開閉方式タイプ1相当)

作業

Facerigでマウス操作できるパラメータに感情調整を割り当てる為にパラメータの移動をします。

・体の傾け(PARAM_BODY_ANGLE_Z)を無くし、顔の傾け(PARAM_ANGLE_Z)で体もやや傾ける方式にして、
 PARAM_BODY_ANGLE_Z を空ける

・空けたPARAM_BODY_ANGLE_Z に体の左右向け(PARAM_BODY_ANGLE_X)を移設して
 PARAM_BODY_ANGLE_X を空ける

【参考】
移設はパラメータ点を右クリックして出るメニューを使います、
選択でパーツを選び、変更で移設します、調整で数値変更も出来ます
paraa1.jpg

・マウスで操作できる PARAM_BODY_ANGLE_X に口変形(PARAM_MOUTH_FORM)を移設
 パラメータ数値を -1を-10 、 1を10に移動、  PARAM_MOUTH_FORM が空く

Facerigでは口の縦開閉の他に横開閉(PARAM_MOUTH_FORM)があります、
基本モデルでは口の横開閉が無いので追加します(省略可)

・口部分を覆う、口幅デフォーマを口パーツ親で作成し、空いた PARAM_MOUTH_FORM と関連付け
 口幅を0で普通 -1で小さく 1で2倍の幅がいい感じです。(省略可)

感情表現では目も重要です、感情にあわせた、つり目、垂れ目、怒った眉、やさしい眉を追加します

・目パーツの親にデフォーマを作成、 PARAM_BODY_ANGLE_X と関連付けし
 口に合わせて、つり目、垂れ目になるようにデフォーマを変形させる

・眉毛パーツの親にデフォーマを作成、 PARAM_BODY_ANGLE_X と関連付けし
 口に合わせて、怒った眉、やさしい眉になるようにデフォーマを変形させる


作業後のパラメータ名とその機能
PARAM_MOUTH_OPEN_Y 口開閉  (そのまま使用)
PARAM_MOUTH_FORM  口幅を変える 
PARAM_BODY_ANGLE_Z 体の向きを変える (従来PARAM_BODY_ANGLE_Xでやっていた事)
PARAM_BODY_ANGLE_X 感情操作(従来の口変形)、マウス操作で感情変化できる

【操作】
Facerigにて、Altキーとマウス左押し左右移動にて 笑顔~怒りまで、口、目元、眉毛が変化します





・3F型 
Live2Dでの基本タイプモデルをFacerigで感情操作出来るように改造した物
Facerigでのマウス操作で笑顔から怒り表情まで、口、目元、眉毛が変化します。

・5F型
口開閉XY2軸、目元2軸、眉毛2軸の5型を元にFacerig用に簡略化した物
Facerigでのマウス操作で笑顔~怒り表情を調整
口、目元、眉毛が変化し、モーションキーにて感情度合い調整、特別表情出しなども可能
発音あいうえおの口形状、Facerig2軸音量リップシンクに対応

・5型
口開閉XY2軸、目元2軸、眉毛2軸のタイプ、
5種の感情パラメータ、感情度合いパラメータ、パーツ個別のパラメータ、形状切り替えにて、
様々な感情表現が出来るタイプ





感情表現タイプ5F型の作成

発音あいうえおの口形状が出来て、感情操作出来る Facerigモデル(5F型)を作ります。

準備

口部分が図のような、25点から30点で作成する
kuti009.jpg


作業

・口開閉のPARAM_MOUTH_OPEN_Yと 口変形PARAM_MOUTH_FORM にて口の形25点作る

Facerigでマウス操作できるパラメータに感情調整を割り当てる為にパラメータの移動をします。
・体の傾けを無くし、顔の傾けで体もやや傾ける方式にして、PARAM_BODY_ANGLE_Z を空ける

・空けたPARAM_BODY_ANGLE_Z に体の左右向け(PARAM_BODY_ANGLE_X)を移設して
 PARAM_BODY_ANGLE_X を空ける

【参考】
移設はパラメータ点を右クリックして出るメニューを使います、
選択でパーツを選び、変更で移設します、調整で数値変更も出来ます
paraa1.jpg

・マウスで操作できる PARAM_BODY_ANGLE_X に口部分を覆うデフォーマを口パーツ親で作成し関連付け
 口角をあげた笑顔口と下げた怒り口になるようにデフォーマを変形

感情表現では目も重要です、感情にあわせたつり目、垂れ目、怒った眉、やさしい眉を追加します
・目パーツの親にデフォーマを作成、 PARAM_BODY_ANGLE_X と関連付けし
 口に合わせて、つり目、垂れ目になるようにデフォーマを変形させる

・眉毛パーツの親にデフォーマを作成、 PARAM_BODY_ANGLE_X と関連付けし
 口に合わせて、怒った眉、やさしい眉になるようにデフォーマを変形させる



パラメータ名と機能
PARAM_MOUTH_OPEN_Y 口開閉Y
PARAM_MOUTH_FORM  口幅を変える 
PARAM_MOUTH_WIDTH  口幅     特別な感情変化、強い口調や小声で使用 口の幅が変化
PARAM_MOUTH_SIZE   口拡縮   特別な感情変化、口の大きさXY変化
PARAM_MOUTH_CHANGE 口の形状切り替え  猫口 波口 ひょうたん口など切り替え

PARAM_BODY_ANGLE_Z 体の向きを変える (従来PARAM_BODY_ANGLE_Xでやっていた事)
PARAM_BODY_ANGLE_X 感情操作、マウス操作で感情変化させる

  • 最終更新:2017-03-29 23:22:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード